業者選びから見る任意売却のアドバイス

住宅ローンの返済を延滞している、返済が厳しくなってきた、将来的に見て返済できる余裕がないとなったら任意売却を決断することが大切です。任意売却とは、自分の任意の上でマイホームを手放す方法です。もし、住宅ローンを滞納して、そのままにしておくと債権者の申し立てによりマイホームは差し押さえられて、強制的に競売にかけられてマイホームが売却されてしまいます。強制的に売却されてしまうと売却金額が安くなる、住宅ローンが多く残るなどのデメリットが出てきてしまいます。なので、そうなる前に自分で任意売却を決断するという事が重要になってくるのです。

では、任意売却を進める時に、失敗しないための任意売却のアドバイスをします。まず重要なのは、どの任意売却業者を選ぶのかということです。任意売却業者は、不動産屋や任意売却専門業者が行ってくれます。知り合いの不動産屋がいる場合はそちらに依頼する人もいるでしょうが、任意売却の手続きというのは複雑なものになるので、よほど任意売却に実績がある不動産屋でもない限りは頼めるものではありません。そのため、任意売却の専門業者に依頼した方が手っ取り早いでしょう。ただ一つ注意しておきたいのが、債権者から紹介された任意売却業者には依頼しないという事です。債権者が任意売却業者を紹介してくれれば安心感から依頼してしまいがちですが、紹介された業者は基本的には債権者側の立場に立っています。つまり、こちらに有利に動いてくれる業者である可能性は低いのです。そのため、債権者から紹介された業者には依頼せずに、自分で業者を探し出して依頼してください。

では、その任意売却業者ですが、大きく分けて「任意売却仲介業者」と「任意売却買取業者」がいます。任意売却仲介業者は、マイホームの買主を見つけてくれる業者のことを言います。高く売却したいのなら、仲介業者を活用した方が良いでしょうが、その反面では必ず買主が見つかるわけではないという事も覚えておく必要があります。任意売却買取業者は、業者がマイホームを買い取ってくれるという形になります。そのため、値段交渉はしやすいですが、売却金額は仲介業者を介するよりも下がってしまうという点はあります。双方のメリット、デメリットを理解したうえで、どの業者に任に売却を依頼するのかを決めなくてはいけません。迷った時は様々な情報を自分で集めて、任意売却の情報サイトも参考にしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)