任意売却の解説について書きます

私たちは、家などの不動産を購入するときには、そのまま自分の資産から払うには対象物の金額が大きすぎます。そこで、私たちは銀行などの金融機関から、住宅ローンなどの名目で資金を工面してもらいます。ですが、無条件で大金を貸してくれるほど銀行をやさしくはありません。銀行がお金を特定の誰かに貸すことを融資といいますが、銀行が私達に融資をするには条件があります。担保というものが必要なのです。通常、金融機関が融資の担保として認めるには幾つかの条件が必要ですが、基本的なのは、不動産の抵当権などを設定するのが一般的です。

さて、ではここからが、任意売却の説明です。不動産などを売却する場合、この抵当権を解除することが必要になってきます。この抵当権を解除する条件は至ってシンプルで、私達が不動産を購入するときに金融機関から借りた融資額を全て返済できれば良いというだけです。然し、これがなかなか難しいのが実情です。家などの不動産が、払いきれていない残った住宅ローンよりもいい値段で売ることができるのが最も楽でいいのですが、実際は、なかなか高く売れません。融資額を全額返すことができないと抵当権を解除することができず、不動産売却が行き詰ってしまいます。このようなときに活躍するのが任意売却なのです。任意売却とは、簡単に言えば、返済できずに残った負債をそのままにした上で、抵当権を解除することを言います。もちろん条件があります。まず、当たり前ですが、不動産は処分しなくてはなりません。加えて、担当の金融機関の承諾、または合意を得ることも必要となります。

ですが、この任意売却には双方にとってメリットもあります。まず金融機関側のメリットといえば、何よりも不動産が高く売れるという点に尽きるでしょう。通常、住宅ローンが債務不履行と認められた場合、金融機関が採るべき道はひとつしかありません。すなわち、不動産差し押さえの上、競売を行うことです。ですが、この競売では、不動産を底値で買い叩かれることが多く、融資の回収が大変なのです。ですが、この任意売却であれば、物件が市場で取引されるので、高く売れやすく、競売にかけるよりも良い金額になるのです。住宅購入者側のメリットは、自由意志が残る点にあります。不動産競売の場合、まず間違い無く裁判所の裁定の元、問答無用で物件が差し押さえられます。ですが、任意売却であれば、物件が高く売れる上、自分で売りたい時期を選べるので、その後の生活基盤を整えやすくなるというメリットがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)